読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済通信ニュース

ちょこっとニュースをつぶやきます

パナソニック テレビ向け液晶事業撤退(液晶パネル工場は国内全滅)

パナソニック テレビ向け液晶事業撤退

 パナソニックはテレビ向け液晶ディスプレイのパネル生産について9月末日に撤退することが決定しました。

 採算がとれず赤字が続いているパネル生産をおこなっている姫路工場(兵庫県姫路市)の生産を終了する。

画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします

パナソニック 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-32D300

 

国内でのテレビ用液晶パネルをつくる工場は全滅

 姫路工場の従業員約1千人については数百人は国内のほかの工場に配置転換する方向で検討しており、他は未定。協力企業についても影響されるとみられる。また、パナソニックは撤退の方針を既に取引先に伝えた模様だ。

 姫路工場は2010年4月に稼働。採算があわず赤字続きで、12年3月期には760億円の営業赤字を計上し、コスト削減を図ったり、海外のテレビメーカー向け販売路線を拡大したが、黒字転換までには至っていない。

 これで国内でのテレビ用液晶パネルを作る工場は消滅する。(シャープは国内と明記していますが、もう台湾メーカーですので敢えて全滅と記載)