読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済通信ニュース

ちょこっとニュースをつぶやきます

【ミニーマウスの声優】水谷優子さん、死去

声優の水谷優子さん 乳がんで死去

 ディズニーでもおなじみ「ミニーマウス」や人気アニメ「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃんの声優などで知られる水谷優子さんが、乳がんのため17日(火)に死去したと、所属事務所が本日5月19日(木)の公式サイトで発表しました。51歳。

 

画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします

篠山紀信 at 東京ディズニーリゾート HAPPINESS

 

 水谷優子さんは1985年に『機動戦士Ζガンダム』の飛行場アナウンサー役でデビュー。

 1988年に『エースをねらえ!2』の岡ひろみ役で初主演を果たし、1990年の「ちびまる子ちゃん」で、お姉ちゃん(さくらさきこ)役を演じており、現在20年以上続く長寿アニメになっています。

 かなり演技に入り込む性格で、台詞と同時に体を動かしてNGを出したり、隣の声優を殴ることもあったとか。「アクション声優」と呼ばれ有名でした。

 また、無類のイルカ好きで、イルカショーのお姉さんに強く憧れたことがあり、ある番組の企画にてイルカショーの体験をさせてもらったことも。イルカグッズが所狭しと並んだ部屋も放送されていました。

 中日ドラゴンズのファンで、公式応援歌CDでも一曲歌っている。

 

 

「ちびまる子ちゃん」の公式サイトでは、こう綴られています。

『ちびまる子ちゃん』お姉ちゃん役(さくらさきこ)の声優 水谷優子さんが平成28年5月17日、51歳でご逝去されました。

平成2年の初回放送から長きにわたりお姉ちゃんの声を演じていただき、『ちびまる子ちゃん』を楽しく盛り上げていただいておりました。

ここに追悼の意を表し、心からのご冥福をお祈り申し上げます。

 

なお、後任については後日発表としています。