読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済通信ニュース

ちょこっとニュースをつぶやきます

【必ず帰って恋!】KAT-TUN「しばしの別れ」最終公演 (亀梨「抜けていった3人にも感謝」、中丸・上田が号泣)

トピック「KAT-TUN」について

KAT-TUN「しばしの別れ」最終公演 (亀梨「抜けていった3人にも感謝」、中丸・上田が号泣)

 デビュー10周年を迎えた人気グループ・KAT―TUNが、東京ドームでデビュー10周年記念3大ドームツアー「10Ks!」(5公演)の最終公演を行いました。今回は充電期間に入るラストライブで5万5000人のファンにしばしの別れを告げられました。

画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします

KAT-TUN LIVE 2015 “quarter

 

抜けていった3人にも感謝

 激動の歴史を支えてくれたハイフン(ファンの愛称)に思いを伝えたライブ終盤、亀梨和也さんは、号泣する上田竜也さん、中丸雄一さんを前に「僕たちKAT-TUNは亀梨、赤西、田口、田中、上田、中丸。この6人で結成されたグループ」と切り出し、10年を振り返りながら脱退した赤西仁さん、田中聖さん、田口淳之介さんにも感謝の言葉を送る涙のステージとなりました。

 また「ここにいる2人はもちろん、いろいろありましたけど、抜けていった3人にも、この歩みを感謝したい。ありがとう」と異例のメッセージを送った。

 

あくまで充電期間と解散説を否定

 今後は3人が個人の力を蓄え、再集結を見据える。充電期間は「1~2年」と語っていたが現時点では未定ですが「目標をもって充電期間に入る」とパワーアップして戻ってくる、"フル充電後の再会" を約束しました。

亀梨さん

「KAT-TUNの亀梨和也としてまたここに立ちたい」とドームがい旋を宣言。

上田さん「有言実行。でっかくなって帰ってくる」。

中丸さん「解散ではなく、またくっついたときに個々がパワーをつけて今以上に爆発的なものができたら」

 

トリプルアンコールではデビュー曲の「Real Face」と「Peacefuldays」も

 4月22日に発売したベストアルバムにも収録された“ファンが選んだ15曲”もすべて歌った。

 また3人でステージに戻ってくるという思いを込めて、ダブルアンコールでは新曲「BRAND NEW STAGE」(発売未定)を、最終公演のみのトリプルアンコールではデビュー曲の「Real Face」と「Peacefuldays」を歌って締めくくった。

 

 

 以前に亀梨さんが「怒られた人たちが抜けていった」と話されたように、2010年には赤西さん、2013年に田中さん、2016年3月に田口さんが脱退。

 メンバーが半分になるとは想像できなかった脱退劇が繰り返されました。充電期間を設けることはやむを得ないとは思いますが出来れば早々に復活してデビュー前に負けない「KAT-TUN」を期待します。