読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済通信ニュース

ちょこっとニュースをつぶやきます

ディズニー『ズートピア』は現代の民主主義を考えさせられる感動作!本日4月23日公開です

ディズニー映画「ズートピア」本日公開

 ディズニー映画「ズートピア」が本日の4月23日(土)に公開されました。

 動物たちの楽園ズートピアで、新米警察官のジュディが、行方不明事件の捜査を進めるうちに、ズートピアを狙う陰謀を知る。ある日キツネの詐欺師であるニックとともにその陰謀に立ち向かうこととなり、やがて・・・。

 新米警官ウサギのジュディをはじめ、かわいらしい姿の動物たちが動物たちの楽園「ズートピア」で "あえて動物らしく" 活躍する物語。

 

画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします

【早期購入特典付き】ズートピア オリジナル・サウンドトラック(CD)+トライ・エヴリシング(CD+DVD)(2枚同時購入特典A4クリアファイル付き)

 

BハワードとRムーアの強力コンビが制作

 『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワードと、『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーアという、強力コンビが監督を務めた最新作『ズートピア』。

 「もし人間が存在しない世界で、動物たちが自分の暮らすメトロポリスを作りあげたらどうなるだろう」というバイロン監督のアイデアからこの企画は立ち上がりました。

 

 物語の舞台は、動物がまるで人間のように暮らす大都会のズートピア。ハイテク文明社会である「ズートピア」は誰もが夢を叶えられる場所で、立派な警察官なることを夢見て、ウサギのジュディが上京する。

 ところが、"ウサギの役割は警察官ではなくニンジンを作るのが役目"という社会の常識で、ジュディは厳しい現実に直面します。

 ある日、キツネのサギ師ニックと出会ったジュディは、ズートピア史上最大の危機に直面していき、やがて・・・・

 ミッキーマウスしかり、バンビしかり、「言葉を話す動物」は、ディズニーにとっても伝統的な内容です。

 しかしそこからバイロン・ハワード氏とリッチ・ムーア氏の強力タッグの特徴が炸裂させており、刺激的な展開と設定になっています。

 

 表面的には楽園めいたズートピアを人間世界の縮図に仕立て上げ、性別・年齢・学歴・出身地などの違いから生じる偏見や差別について、超どストーレートに描いている資本主義社会。

 この果てにはいったいどういった社会が生まれていくのかを考えさせる感動作となっています。是非映画館で。