読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済通信ニュース

ちょこっとニュースをつぶやきます

200万円の違いでどっちを優先する?

200万円の違いでどっちを優先する?

 世の中、楽に稼げる仕事はなかなかない。高い収入を得るためにはそれなりにハードに働かなければいけないものだが、年収と仕事のキツさのバランスは、いったいどのくらいが適切なのだろうか。

某掲示板に3月10日、「キツイ仕事で年収600万 VS 楽な仕事で年収400万」というスレッドが登場し、ネット上で活発に議論が行われていました。

 

画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします

今すぐ使えるかんたん文庫 ラクして儲けるネット副業

比較条件設定

以下条件設定を行いどちらの仕事を選ぶか

・どちらの仕事も残業なしで

・土日休みの年間休日120日

・年収600万円の方は営業職。顧客のクレーム対応や、上司から毎日パワハラを受けなくてはならない。

・年収400万円の方はIT企業の社員で、「パソコン入力」が仕事。仕事内容はつまらないが楽

 

後者一択との結論

 スレ主はこの2つの仕事例を挙げ、「さぁ、どっちにする?」と問いかけると反応としては「後者一択」といったものが多かった。

「後者に決まってるだろ。ニート乙」

「後者以外有り得ない」

「ストレスレスの仕事が年間200万で手に入るなんて素敵すぎる」

「年収1000万以上だったら考えるけど、この条件なら後者」

「400万あったら十分すぎるほど楽に暮らせる」

という回答もあった。200万円の違いでストレスフルな仕事をさせられるのは希望しないということだ。という声もある。

 

楽な仕事で40年か、キツい仕事で10年未満

 「楽な仕事で40年か、キツい仕事で10年持たずに壊れるかを考えないと。」という書き込みもあり、たしかに生涯年収としてはマイナスとなってしまう。

 

「"キツくて且つ年収が低い"が日本の現状」という意見も

 実際のところ「楽な仕事で年収400万円」というのは、このご時世ではかなり恵まれているという指摘も少なくない。「いまはそのキツい条件で400以下の仕事ばっか」というのだ。高等学校や大学卒業から優良企業に入り、その後も恵まれた環境でキャリアを築く人がいる一方で、就活に失敗し、ワーキングプア状態から這い上がれない人もいる。

 

働く側からの意見

 実際にはキツさが年収に比例するのではなく、"楽で年収が高い、キツくて年収が低いのが日本の現状じゃないか?"という意見や、「最近、鬱病で会社やめたんだが、超激務で年収300マンだった、これが現実」というコメントも寄せられていた。

 

 

 「仕事量で稼ぐ」という時代から「いかにして楽をしてお金を稼ごうか」という考えに基づき実行した人が勝つ時代になったという証拠ですね。今から就職して仕事をする人は大変だ。