読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済通信ニュース

ちょこっとニュースをつぶやきます

【ニュース】郵政3社株価低迷、追加売却遅れる恐れ、シャープ天理工場 液晶生産を8月にやめる

昨秋、株式上場した日本郵政グループ3社の株価が低迷

 年明け以降の下落率はいずれも日経平均株価の下落率より大きい。日銀のマイナス金利政策導入で長期金利が下がり、国債の運用で稼ぐことが難しくなるとの懸念が投資家に広がっているためだ。株価低迷が続けば、政府が計画する日本郵政株の追加売却が遅れる可能性もある

 持ち株会社の日本郵政は傘下にゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、非上場の日本郵便を抱える。

 当初は個人投資家の人気を呼んでましたが今年に入ってから暴落しましたね。

ゆうちょ銀は約4割が国債、かんぽ生命は5割少しが国債運用。年明けに国債利回り低下→とどめに日銀のマイナス金利の導入でとどめですね。

 

シャープ 天理工場液晶生産を8月末日にやめる

 経営再建中のシャープが、天理工場(奈良県天理市)での液晶生産を8月末に停止することが21日判明しました。三重工場(三重県多気町)でも10月をめどに一部の生産ラインを止め、亀山工場(同県亀山市)などに移行とのことです。液晶の生産体制を再編・集約し、採算改善を目指す。

 昔と違ってシリコンサイクルが2年サイクルでなく年間通して受注量があるはずなのにこの状況はあきらかにおかしいですね。いつまでもスマホばっかやってるとやばいですね。このままだと中国の受注下請けの会社に買収されてしまいますね~

 工場集約(縮小)に関しては最近だとパナソニック門真もやっているのでそんなに危険材料ではないですが他液晶メーカーとくらべて明らかに競争力がないのが不安材料ですね。

 

ゆうちょ関連、シャープは塩漬け決定か!